FC2ブログ
香川の借金相談・多重債務者・借金返済・自己破産・任意整理・個人民事再生・債務整理・特定調停・みなし弁済・利息制限法と出資法 ・過払い請求…など債務整理に関して詳しくガイド。
【香川】債務整理徹底ガイド|高松|丸亀
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
自己破産の注意事項
2007-09-21-Fri  CATEGORY: 自己破産について
【自己破産】の注意点

【自己破産】 は一部の債務を除いての手続きはできませんので、住宅ローンや保証人が付いているからといってその債務は除き、その他の債務のみの部分的な自己破産の申し立てはできません。

住宅ローンがある場合に自己破産 の申し立てをするとマイホームは処分されてしまいます。
住宅ローンを支払い続けながら(マイホームを手放さずに)借金を整理したい場合には【民事再生】を選択することになります。

また、保証人が付いている債務がある場合に債務者が自己破産 した場合は保証人に対し請求がいくことになります。連帯保証人がいる人にはきちんとした謝罪を行う必要があるでしょう。
そして、連帯保証人が借金を支払えない場合は一緒に自己破産をするケースもあり、それは避けたいという場合には、他の方法=【任意整理】や【民事再生】などを、考えた方がよいでしょう。

なお、所有している財産(不動産、自動車、有価証券、生命保険など)は原則としてすべて処分の対象になります。
どうしても手放したくない財産がある場合や、自己破産 をしてしまうと業務停止になってしまう資格で仕事をされている場合には、他の債務整理の方法【特定調停】、【任意整理】、などを選択したほうが良いでしょう。

また、ギャンブルや浪費によって借金を作ってしまった場合には免責が受けられない可能性がありますので、専門家に相談して他の債務整理の方法【特定調停】、【任意整理】、【民事再生】、も考慮して考えていくことになります。

四国お得情報満載!!
FC2ブログランキング
人気ブログランキング
ページトップへ コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 


余白 Copyright © 2005 【香川】債務整理徹底ガイド|高松|丸亀. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。