FC2ブログ
香川の借金相談・多重債務者・借金返済・自己破産・任意整理・個人民事再生・債務整理・特定調停・みなし弁済・利息制限法と出資法 ・過払い請求…など債務整理に関して詳しくガイド。
【香川】債務整理徹底ガイド|高松|丸亀
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
私…自己破産できる??
2007-09-25-Tue  CATEGORY: 自己破産について
【自己破産の目安】

どの位の借金で自己破産できるのか?

まずは、裁判所に破産の申し立てをするのには破産原因が必要です。
自己破産の申立てをして、裁判所に『申立人は支払不能の状態である』と認められることによって破産手続開始決定の決定がされることになります。

支払不能かどうかの判定は、その人の収入・資産状態・社会的地位によって大きく異なってきますが。

自己破産は、借金度が重い人の借金整理に用いられる方法です。住宅ローン以外の借金を3年で返済できない場合に適用します。
借金度が重い人は取立てに追われている場合が多いのですが、取立てがなくても借金を返済できなければ自己破産はできます。

自己破産をする人の借金の額についてはかなり幅があります。例えば、無職で年金生活をしている人なら、特に財産がない場合は借金が100万円以下でも自己破産の申立てをすることもあります。

月収20万円前後の一般サラリーマンの場合なら、クレジットやサラ金(金利30%程度)からの借金の総額が350万円~400万円であれば、月々の支払が8万円~10万円になりますので支払不能状態となる可能性が高いでしょう。

自己破産検討の一つの目安は、借金が月の収入から生活費などを差し引いて返済にまわせる額の3年分より多いかどうかです。
例えば、毎月5万円しか返済できない人は5万円に36ヶ月かけた180万円が3年で返済できる金額です。
この場合、個々の事情にもよりますが借金が180万円を超えていれば自己破産を検討したほうがよいでしょう。

申立人の収入が多く支払能力がある場合は400万円以上でも破産宣告がなされないケースもありますし、申立人が生活保護を受けているような場合には100万円程度でも破産宣告がなされたケースもあります。
なお、自己破産 の申し立て時に申立人が支払い不能の状態にない(まだ支払い能力がある)と判断されれば、自己破産の申し立ては受理されないことになります。

この支払不能状態の判定は難しい場合もありますから司法書士・弁護士のような専門家にご相談下さい。

四国お得情報満載!!
FC2ブログランキング
人気ブログランキング
ページトップへ コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 


余白 Copyright © 2005 【香川】債務整理徹底ガイド|高松|丸亀. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。